【チェンマイ】ワット・プラタート・ドイカム〜願いが叶う寺〜!

チェンマイにはお寺がたくさんありますが、タイ人から絶大な人気を誇るのが「วัดพระธาตุดอยคำワット プラタート ドイカム)」です。

人気の理由は、「願いを叶えてくれる寺」と信じられているからです。

景色が良いので観光客もいますが、願掛けとお礼参りに来るタイ人で、いつも混雑しているお寺です。

今回は、そんなワット・プラタート・ドイカムをご紹介します!

「ロイヤルパーク ラチャプルック」と「チェンマイ ナイトサファリ」と「ワット プラタート ドイカム」へと続く道に入ると、道沿いにお供え用のお花のお店がずらりと並んでいます

お礼参りをする方はこちらでお花を購入(願掛けでお花をお供えしている方もいます)

しばらく進むと看板が出てきます

ロータリーの最後の別れ道が「ワット プラタート ドイカム」への道

右側がロータリー

左に行くと「チェンマイ ナイトサファリ」

ここをまっすぐ行くと「ロイヤルパーク ラチャプルック」

最後が「ワット プラタート ドイカム」へ続く道

道なりに進みます

ここでもお花が売られています

途中で右折の道がありますが、直進です!

しばらくすると「ワット プラタート ドイカム」があります

上まで乗り物で登る方は、ここを左へ曲がります

階段を歩いて登る方は、左折せずに直進

看板を過ぎてすぐ左側に、駐車場とお寺へ続く階段があります

お寺までの距離は1.5km

上まで乗り物で登る方は、この看板を左折です

しばらく山道を登ります

しばらく行くと駐車場に到着

更に上にも駐車場があります

左が駐車場 右が出口

駐車場から続く道にお土産なども売ってます

多いのは、ロッタリー(宝くじ)屋さん

まず目に飛び込んで来るのが大きな仏像

下から見上げるとこの迫力

次に2頭の象

本堂へと続く道の左側にはヤック(鬼)や仏像

右側にも仏像や置物がたくさん

回廊への入り口を入ると

金色の仏塔があります

仏塔や回廊はドイステープと似た造り

遊び・観光・体験、オプショナルツアー予約【Mappleアクティビティ】

【お祈りの仕方】

まずはお線香を3本取ります

隣の箱に気持ちでいくらか入れましょう

お線香に火をつけます

火のついたお線香を両手に挟んで、手を合わせて叶えて欲しいことをお願いします

この時、願いが叶ったらお礼にお供えするものを約束します

お礼のお供えは何でも良いようですが、ジャスミンの花輪50連以上をお供えする方が多いようです

お願いが終わったら、こちらにお線香をさして完了!

タイ人でいつも混雑しています

おみくじがあるので、ぜひトライしてみてください

筒に両手を沿わせて持って、筒に対して平行の方向に振ります

振っていると1本出てくるので、その番号を確認します

慣れるまで、なかなか出てきません(笑)

周りにやっているタイ人がいたら、真似してみてください!

ここに結果が書いてあります

英語表記もありますよ

お守りも売ってます

種類はこちら

これは全てお布施です

タイではよく見る光景で、お札を挟んでさします

こちらが本堂

中ではみなさんお祈りされています

奥に進むと

ひらけた展望エリアに出ます

左側に大きな涅槃仏

右側に大きな立像

みなさんここで記念撮影!

ここから階段が続いています

実はこちらが正門なので、昔はみなさん下から歩いて登ったそうです

チェンマイ市内が一望できるとても素晴らしい景色です!

回廊に戻ると、金箔が置いてあります

金箔は仏像などに貼るためのもの

やりたい方は、気持ちで幾らか箱に入れましょう

悪い場所に貼ると良くなると言われています

なぜか球もあって、このお寺ではこちらに貼るのが人気の様子

曜日ごとの仏像もあります

銅鑼(どら)のようなものの中心部を手で擦って、音が鳴れば願いが叶うと言われていて、多くの方がやってます

駐車場へと続く道の壁には絵が描かれています

まだ完成してないので、完成が楽しみです!

最後に

いかがでしたか?

あまり外国人に知られていない場所なので、観光地化もあまり進んでいません。せっかくなので、タイ人に大人気のお寺に足を運んでみませんか?

【寺院情報】

所在地:108 3 thanon muu baan chiang mai leek leen mee hia Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50100

地図:

สวัสดีค่ะ(サワッディーカー)
チェンマイ在住3年目のことことです。

レストラン・カフェ・観光・お土産・スパ・タイマッサージ・ヨガやタイ語などについて、皆さんのチェンマイ(タイ)滞在に役立つ情報をお伝えしていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする